•  ◇「忖度」と「謀略」がまかり通る  ◇前川・前文科次官「超エリート官僚」の大逆襲!  やはり「総理のご意向」文書は「あった」のだ。文部科学省の前事務次官が堂々と証言するのだから、これほど確かなことはあるまい。対して政権がやっている

  •  刊行から1年で累計15万部を超え、異例のロングセラーとなった芥川賞作家・平野啓一郎さんの長編小説『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)。同作が第2回渡辺淳一文学賞を受賞し、5月19日、東京都内で贈賞式が行われた。「なにかとうんざりす

  • ▼自民党世論調査で都民ファースト抜いた?▼がん患者は働かなきゃいい大西失言で巨大無党派に地殻変動▼囁かれる告示直前の「小池ウルトラC公約」  国政選挙を占う都議選(7月2日投開票)が迫ってきた。各党も世論調査などに躍起だが、目下、自

  •  男性向けの等身大女性型人形、ダッチワイフ。現在は精巧な作りのそれに進化し、「ラブドール」と呼ばれるようになった。その老舗にして最大手のオリエント工業(本社、東京都台東区)が創業40周年を迎え、都内で記念展「今と昔の愛人形」を開催し

  • 艶もたけなわ

    小池百合子 東京都知事

    2017年6月11日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 156  昨夏の都知事選では"小池旋風"を巻き起こし、歴代2位(初当選時)の291万票で当選した小池百合子都知事。この季節、すっかり定着したクールビズは小池さんが環境相時代に導入したもの。その舞台裏などを振り

  • 人生の四季

    「兵馬俑で考えたこと」

    2017年6月 4日号

    一条真也の「人生の四季」 81  業界の仲間と中国に行ってきた。上海、長沙、西安などの都市を回り、12年ぶりに兵馬俑(よう)を訪れた。兵馬俑とは、言わずと知れた秦の始皇帝の死後を守る地下宮殿である。 8000体におよぶ平均180セン

  • それってどうよ

    年下カレの腕マクロン!?

    2017年6月 4日号

    OL400人は考える・それってどうよ!? 500=池野佐知子  フランスの新大統領が決まりました。マクロン氏の政策もさることながら、OLさんたちの心を引きつけたのは「25歳年上の姉さん女房」。彼女たちの周りにも最近、男性がかなり年下

  •  昨今、「聖地巡礼」は映画やテレビドラマの舞台となった場所を訪れることも意味する。昨年の大ヒット作「君の名は。」の1シーンに描かれた東京・四谷の須賀神社のように、アニメも例外ではない。 現実の場所が映り込むので、作品を身近に感じられ

  • 牧太郎の青い空白い雲 621   別に驚くには当たらない。例の広島県警広島中央署で、金庫に保管していた現金8572万円が盗まれた事件。金庫の置かれていた1階の会計課は、玄関から離れた通路の奥。課員が不在の夜間や休日は施錠され、一般の

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    小池百合子 東京都知事

    2017年6月11日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 156  昨夏の都知事選では"小池旋風"を巻き起こし、歴代2...

コラム

最新号のご紹介

2017年5月30日発売

サンデー毎日6月11日号は5月30日発売。
  • 表紙三宅裕司
  • 定価410円(税込)