• 「忙しい現代人は食事をしながらも、ついつい他のことを考えてしまう。朝ごはんを食べながらも『9時までに会社に行かなきゃ』『会議の資料作らなきゃ』という具合に。では、しっかりと食事と向き合うには、どうしたらいいだろうと考えたんです」 こ

  • それってどうよ

    夏の計画!【妄想編】

    2017年7月30日号

    OL400人は考える・それってどうよ!?508 =池野佐知子  今年は7月早々からすでに猛暑。夏本番になったらもう干上がっているのではないか、と想像できますが、それでも「夏が好き」なOLは61%と過半数を超えました。若い証拠ですね。

  • 牧太郎の青い空白い雲629   差別語である!とは知っているが、適当な言葉がない。そんな時「女子供」は"使いやすい言葉"だ。成熟した男性の目線で女性や子供を見つめると、つい......。 しかし、である。 一方で、この言葉には女性や

  •  インターネットの音楽配信全盛時代を迎え、姿を消しつつあったアナログレコードが、息を吹き返そうとしている。ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が6月末、約30年ぶりにレコードの自社生産を再開すると発表し、久々に音楽業界が

  •  昨年7月、放送開始50年を迎えた「ウルトラマン」。円谷プロダクションを創設した「特撮の神様」円谷英二氏が福島県須賀川市出身であることにちなみ、福島県はウルトラマンのデジタルスタンプラリーを今年も開催している。7月13日から11月1

  • 艶もたけなわ

    城戸真亜子 洋画家

    2017年7月30日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 163   テレビ番組の司会や女優などの芸能活動とともに、洋画家としても着実な歩みを続けてきた城戸真亜子さん。ところが、義母が認知症となり、同居しながら介護を始めたのが13年前。以来、介護について考えたことな

  •  乳がんを克服した女優の南果歩(53)。その彼女が主演を務めるNHK・BSプレミアムドラマ「定年女子」(連続8回)の終了後、別居中のハリウッド俳優、渡辺謙(57)と離婚するかどうかが注目されている。「ドラマは7月9日にスタートしまし

  • 7月12日のオリックス戦に先発として今季初登板した日本ハムの大谷翔平投手(23)。だが、制球が定まらずに二回途中4失点で降板した。投打の二刀流復活を急ぐあまりに、公式戦で「調整登板」をさせた栗山英樹監督の采配にも疑問の声が上がって

  • よみがえれ!国会 加計学園問題 証人喚問で真相を暴け!  ◇いつまで「お友だち」を庇い続けるのか 核心人物、和泉洋人・首相補佐官の証言は不可欠だ  ◇元特捜検事・郷原信郎氏が論破 「文科省に挙証責任は筋違い」  ◇元経産官僚・古賀

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    城戸真亜子 洋画家

    2017年7月30日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 163   テレビ番組の司会や女優などの芸能活動とともに、洋...

コラム

最新号のご紹介

2017年7月18日発売

サンデー毎日7月30日号は7月11日発売。
  • 表紙アカレンジャー レッドレンジャー
  • 定価380円(税込)